米国株の勢いは続く?

世界中が注目する、ジャクソンホール会議が終わり、パウエル議長が声明を出しました。

量的緩和縮小、「年内」強調 米FRBパウエル議長講演

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が27日、毎年恒例の経済政策シンポジウムで講演した。FRB高官の大半が「年内開始」に傾いていた量的緩和の縮小について、年内に始めるのが適当だ、との自らの認識を強調。縮小開始のための条件としていた景気の「実質的な一層の進展」を物価面では満たし、雇用面でも着実に前進していると指摘した。

 「コロナ危機は米経済を重要な側面で変質させており、単に危機前に戻るわけではない。デルタ株が経済に大きな影響を与えるかもまだ定かではない」

 パウエル氏は17日のウェブ講演でそう語っていた。2021年4~6月期の米国の実質国内総生産(GDP)は、コロナ前(19年10~12月期)の水準を超え、日本や欧州などよりも力強い回復を見せてきた。ただ、8月に入ってデルタ株を中心に感染が拡大し、消費者マインドや景況感を示す指数は悪化した。

 コロナ下の供給難が物価上昇ももたらしており、景気回復のペースを維持できなければ、国民の実質所得が目減りして回復をさらに遅らせる悪循環に陥りかねない。このためFRBは景気過熱のリスクを承知で、危機直後からのゼロ金利政策や、米国債・住宅ローン担保証券(MBS)の買い入れ(量的緩和)など、空前の緩和策を続けてきた。

 ただ、7月末に開かれた金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)では、参加者のうち「大半」が、21年中に量的緩和で買い入れる資産を減らし、これまでの緩和策を引き締め方向に切り替えることが適切との判断を示していた。

〜以下略

朝日新聞による

■米国株の勢いは続く?

パウエル議長の発言を受けたNYダウは、35,455ドル、242ドル高で取引を終えました。

米国株は全般的に上がっていたのですが、特に上がっているのが半導体関係。

また、中小型株も上がっています。

テーパリングの時期は年内とは言ったものの、具体的な日程には言及しなかったって事で、会議は無事通過したってことかな。

そもそもテーパリングは織り込み済みか。

ということで、まだまだ米国株の勢いは続くのですかねえ。

日本株の勢いは今年になってから下降線。

対する米国は、史上最高値の更新が続きます。

僕も日本株ばかりじゃなくて、S&P500も買いたいんだけど、上昇ばかり続くので、タイミング的になかなか買えませんでした。

ただし、相場は上がり続けることはありません。

どこかでまた転換点が来るかもしれませんね。

日経平均が下降線に入ったように。

なにはともあれ、大切な資産なので、慎重にポートフォリオを組んだ方がよいでしょうね。

そんなこんなで、ぼちぼちやってます。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

では、また。

  ▼最後にポチッとお願いします。ランキングが上がって励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

  ▲いつもありがとうございます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。