「4%ルール」について思うこと

セミリタイアの目安が、「年間支出の25倍の資産」と言われています。

これは、下記のような「4%ルール」を元にして、考えられています。

アメリカでは、「Financial Independence / Retire Early (経済的に自立した早期退職) 」の頭文字をつなげた「F.I.R.E」という言葉が流行し、一大ムーブメントになった。アメリカでは、「F.I.R.E」を実現する目安として、「4%ルール」が注目されている。

「4%ルール」とは、年間支出の25倍の資産を築けば、年利4%の運用益で生活費をまかなえるという考え方だ。年間支出が仮に250万円なら、6,250万円の資産を築いて年利4%で運用すれば、理論上は資産を維持したまま生活できるというわけだ。

4%という数字は、米S&P株の成長率7%から、アメリカのインフレ率3%を差し引いて計算されている。米S&P株は対象銘柄が多いことから、投資家が市場全体の動きを把握する時に、よく参考にされる。

日本のインフレ率は、目標を2%と設定しながらも、思うように上昇せず1%に満たない状況が続いている。つまり「4%ルール」を日本版に置き換えるなら、アメリカほどインフレ率を考慮する必要がないため、「5%ルール」もしくは「6%ルール」と言い換えてみよう。

5%から6%の運用益が期待できるとなれば、「年間支出の17~20倍の資産」を築けば、セミリタイアしても生活が成り立つということになる。

大和ネクスト銀行HPによる

4%ルールの考え方には、基本的には賛成するし、よく考えているなと思います。

しかしながら、そううまくいくのかなと思う点があります。

 

■市場の不安定さ

毎年安定的に4%の運用益が得られるとは思えません。

実際に株式投資をしてみて、その不安定さは身にしみて分かりました。

僕は日本株が好きなので、日本株への投資が好きなのですが、ここはダメなところですね。

しかしながら、全世界株式やS&P500など米株にも、不安定さはあります。

投資信託においても、市場の上下に対して一喜一憂しない精神力が必要です。

そして、慎重に分散投資をして、リスクを減らす工夫も必要です。

未来は誰にも分かりません。

4%の運用益が安定的に出るとは、わからないのです。

また、FIRE直後、早く暴落が来た場合に、資産の目減りが加速度的に早くなる可能性があります。

さて、我が家の資産は、株式の比率があまり高くありません。

S&P500はまた買おうかと思っていますが、今のアメリカの株高はあまりあてにはできないと思っています。

アメリカの金融政策や、中国やアフガンのリスクなど、相場に与える影響は否定できません。

本来なら資産を株式で運用すればよいのでしょうが、踏み切れないのが実情です。

 

■生活の変化への経済的な対応

生活していく上での支出の額は、先が読めません。

病気や怪我、子どもの進学、親の介護など、様々なイベントが起こってきます。

そして、それらがいつ起こって、いくらかかるかは、予測できないのです。

例えば親が高齢になったとき、介護をどうするのか。

高額な老人ホームの世話になるのか。

無理ならどうするのか。

子どもが大学進学に失敗し「浪人したい」と言ったら、どうするのか。

予定していた大学の学費以外に、予備校の費用もかかってきて、社会に出るのが1年以上遅れます。

こんなことを書こうと思ったのは、まさに今、我が家の先の支出が読めないからです。

読めない以上、「いくら貯めたら大丈夫」というラインが引けません。

なので、4%ルールは理屈では分かるものの、実際にそれに頼るのはどうかと思ったりもしています。

となると、資産収入に依存せずやっていけるよう、労働収入が大切だと思います。

自分の趣味の延長線上の仕事をしたり、アルバイトをしたりすれば、資産の目減りを防ぎながら、生活することができます。

(かくいう僕は働いていませんが。)

そんなこんなで、ぼちぼちやってます。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

では、また。

  ▼最後にポチッとお願いします。ランキングが上がって励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

  ▲いつもありがとうございます。

2件のコメント

  • こんにちわ。はじめまして。

    4%ルール
    ほぼ全額、株式に入れるというのは、すごくリスクが高いと思います。
    1億円以上あって、その半分位を株式インデックスにするというなら、
    現実的なところとして見えてきますかね。

    歴史を振り返ると、大恐慌や日本のバブル崩壊では、25年~30年位、
    もとの高値に戻るのに時間がかかっています。(日本は戻ってませんが)
    ほぼ全額、株式というのは、FIREを少し煽りすぎている気がしております。

  • はじめまして。コメントありがとうございます。
    確かに株式に全額はリスク高いですね。
    アメリカの好景気もどこまで続くのか。
    我が家の場合、妻が株嫌いなので、預貯金中心です。
    株は僕の余剰資金でやってます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。